2013年11月08日

弊店の三線紹介 〜 カマゴンと紫檀の強化張り三線

こんにちは。店長の古田です。
さてここのところ、弊店では従来からの強化張り入門三線セットの延長線上にある、1ランク上の楽器として、カマゴンと紫檀の強化張り三線をラインナップしております。

既に紫檀は1年ほど、カマゴンについてはここ半年ぐらいでしょうか、新たにラインナップしたのですが、入門者のみならず、二丁目三丁目の三線として購入されるお客様もいらっしゃいます。

ここでは、この2つの三線をちょっと紹介してみたいと思います。

まずは、カマゴンから

57144783.jpg


カマゴンというのは、フィリピン産の黒檀材のことで、もともと三線に一般的に使用されていた八重山黒木(琉球黒檀)が現在では天然記念物に指定され、伐採が禁止されているため、その代用品として輸入されています。実は、八重山黒木に限らず、このカマゴンについても間もなくいずれは、伐採が禁止となる可能性もまことしやかに言われてまして、こちらも希少な棹材となることでしょう。

音質的には、八重山黒木と同様に、まさしく、『イッツ・ザ・三線!』という具合で、太く豊かな鳴りが特徴です!

57144783_o1.jpg

弊店に入荷するカマゴンの三線は、ほとんど、真っ黒といっていいほど、見事な黒檀の木材です。よく入門三線では、白い木材に真っ黒にベタ塗りした棹が用いられますが、このカマゴンについては、色を塗ることがなく、透明な漆で表面を仕上げています。

その証拠に、時折、白い部分が棹材にひょっこり現れるときがあります。その部分を、シラタ(白板)と呼ばれるますが、さらに、今ある在庫品は棹の部分にこのような模様が入っています。
1390614_567127306675169_480959930_n.jpg

これは、ウズラミ(鶉目)と呼ばれる柄で、カマゴンに入るのは、私の長い販売経験からすると珍しいと思います。このような柄の粋さ加減も、このような高級棹材の醍醐味の一つです。

そして、紫檀の三線はこちら。
41828499.jpg

紫檀という木材は、世界的に使用される楽器材です。英語ではローズウッドと呼ばれ、ギターの指板や、側板・裏板などに用いられる木材です。ブラジル産のローズウッド材は、ハカランダと呼ばれ、こちらはワシントン条約の規制対象商品となっていて、商取引が世界的に規制されているほどです。

黒檀系の棹材と比べると、見ての通り、赤みがかかった茶色系の木材で、黒檀に比べると音質的には柔らかい音色が特徴です。購買傾向としては、そのルックスと柔らかい音色から、女性のユーザーに好まれるような気がします。

pic01.jpg


からくいも、棹種に合わせて、紫檀製のものをコーディネイト。この柔らかな印象から、二丁目三丁目として選択される方がいらっしゃるような気がします。

57144783_o3.jpg


そして、問題となるのが、強化張りの評価です。
私が三線の販売に携わるようになった、今から約15年ほど前は、実は強化張りというのはあくまでご自宅での練習用という位置づけで、そのルックスも音質も劣悪なものでした。
まず、蛇皮については、ほとんど斑点模様がないような部分の端皮だったり、音質については張りが緩めというよりも、蛇皮の下に張られた生地面が分厚く、結果として皮が揺れず、大きな音が出ない、といった楽器も多々あったかと思います。

ところが、ここ数年で、強化張りの技術も目覚しく進化してまして、今では、張りについては本張りの上級者クラスぐらいまで張れるようになり、また厚みも以前に比べて、格段に薄くなってきています。さらに、張り上げ後の気候による変動が、本張りに比べると少なく、安定して、音色を保つことが出来るのが、強化張りの利点ですね。

弱点としては、やはり、人工張り同様に、やや作られた感のする音、深みに欠ける、といったところでしょうか。。。

ただし、これらのカマゴンと紫檀の強化張り三線は、棹は音質的に有利なものを使用しているがゆえに、ゆくゆくは太鼓(チーガ)を本張りのものに差し替えることで、手軽にアップグレードさせることが出来ます。

将来的な発展性も視野に入れられる三線として、皆様におススメしているところです!

カマゴンの強化張りは、諸々セットで 55,000円(税込)
商品ページはこちら↓ http://www.ayahabirudou.com/?pid=57144783



紫檀の強化張りは、諸々セットで、49,800円(税込)
商品ページはこちら↓ http://www.ayahabirudou.com/?pid=41828499
posted by あやはびる堂スタッフ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉球・沖縄三線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80209180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック